屋外から屋内配電盤までの配線

オール電化をするためには十分な電気配線の容量が必要です。

通常、ガスと電気を併用しているときには電気容量は40Aとか50Aになっている(使用電気がこのアンペア数を超えると総量規制のブレーカーが落ちる)と思いますが、給湯器もコンロもガスから電気に変えるとなるとこの容量では足りなくなります。

従って、電力会社への容量変更の申請をする必要がありますが、(通常この作業はオール電化を請け負った量販店ないしは工務店が行います)家の配線によっては容量改善工事を行う必要が出てきます。

おすすめのエコキュート1 <     >オール電化 初期費用|標準取付工事費の落とし穴!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0
Copyright© 2009- 2011年3月 1日 オール電化 初期費用|エコキュート工事のポイントを解説 Allrights reserved.
システムソフトウェア